乾燥ニキビ 保湿

乾燥ニキビは保湿が大切!お肌を悪化させないためには?

乾燥肌の人であってもニキビはできます。

 

この原因は、乾燥している肌を保湿させようと皮脂が異常に分泌してしまうことにあります。

 

異常に分泌してしまった皮脂は、毛穴を詰まらせる原因となってしまい、それがニキビを発生させる原因となるのです。

 

乾燥ニキビを防ぐためには、肌をしっかりと潤わせることが必要です。

 

乾燥対策にはいろいろなアプローチがありますが、正しい保湿を行うことは欠かせません。

 

 

油分ではなく水分を増やす

 

肌に潤いを閉じ込めるためには、化粧水の後に油分を含んだクリームや美容液でフタをして水分を閉じ込めるという考え方がありますが、ニキビができてしまっている場合は、そうではありません。

 

ニキビができている部分はすでに皮脂が毛穴に溜まってしまっていますから、そこに油分が余計に加われば、ニキビの悪化の原因にもなってしまいます。

 

乾燥肌の人の場合でもニキビができている場合は、油分を含んでいる基礎化粧品は使わず、水分を肌に閉じ込めることを意識しましょう。

 

化粧水でさっぱりしたタイプのものの中にも、浸透力が高いものはあります。

 

水分と同時に、肌に潤いを与える成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが配合されたものを選ぶといいでしょう。

 

 

洗顔後は5分以内に!

 

洗顔後の肌はかなりのダメージを受けている状態で、乾燥しやすくなっています。

 

ですから、顔を洗ったら、必ず5分以内にケアを行うことを忘れないでください。

 

洗顔や入浴後というのは、肌も水分を含んでいるので、より化粧水などが浸透しやすくなっています。

 

基礎化粧品を浸透させるためにスチームを使うことがありますが、お風呂上りや洗顔後は、スチームをしなくてもスチームをした時のような効果が得られます。

 

時間が経てば経つほど水分が飛んでしまって、肌自体が乾燥してしまいますから、できるだけ早く保湿を行うことを忘れないでください。

 

スペースがあって可能なのであれば、脱衣所などに基礎化粧品を置いておくといいでしょう。

 

 

ニキビがある時には必ず手で付ける

 

化粧水をつけるのにコットンを使用している人もいるでしょう。

 

コットン自体は問題ないのですが、ニキビができているときは刺激になってしまうこともあります。

 

ニキビができている場合は、手で化粧水を人肌に温めてから、優しくなじませるようにしてください。

 

化粧水が温まっていると本来よりも浸透力が高まるので、手のひらに少し置いておくのはおすすめです。