乾燥ニキビ クレンジング

乾燥ニキビのクレンジングの注意点は?

ニキビは余分な皮脂が原因で出来てしまうと考えている人が多いですが、乾燥肌であってもニキビができることがあります。

 

これが乾燥ニキビです。

 

乾燥肌+ニキビというと相反するように見えますが、決して珍しいことではなく、悩んでいる人は実はたくさんいます。

 

乾燥ニキビができてしまう原因を知った上で、正しいクレンジング方法を学び、ニキビもなく潤ったきれいな肌を目指しましょう。

 

 

クレンジングでは何に気をつければいい?

 

クレンジングで気を付けるべきことは、肌に負担を与えないことを意識することです。

 

オイルでメイクを落とす人が増えていますが、オイルは肌になじませるときにゴシゴシとこすってしまうので、肌にかなりの負担がかかります。

 

また、摩擦が起きるという意味では、シートのメイク落としも同様です。

 

ふき取りタイプは汚れを毛穴に押し込んでしまうので、毛穴に蓋をするような形になってしまい、その結果、皮脂がきちんと肌の表面に出ることができなくなって、炎症の原因になってしまうこともあります。

 

肌に負担がかかりにくいミルクやクリームのメイク落としでも洗浄力が高いものもありますから、そちらを選びましょう。テクスチャーがとろんとしているものは伸びもいいので、メイクや肌の汚れを落としやすいです。

 

またしっかりメイクをしている目元や口元には、ポイントメイクアップリムーバーを使用するようにしてください。

 

ポイントメイクを落としたら、ミルクやクリームのメイク落としを適量肌に乗せ、弧を描くようにクルクルとメイクをなじませていきます。

 

力を入れて上下にこすったりは絶対にNGです。

 

しっかり馴染ませたらぬるま湯で洗い流しますが、この時汚れを落とそうと擦るのもやめましょう。

 

5分程度しっかり時間をかけて、徐々に洗い流してください。しっかり洗い流せたら、タオルで顔を拭きますが、この時もタオルでごしごしとこすってはいけません。

 

肌を優しくポンポンと叩くようにして水分をふき取っていきます。

 

これは洗顔の場合でも同じなのですが、どうしても早く洗い流したいからと雑になってしまう人が多いようです。

 

どんなにいいクレンジングを選んでも、洗い方が間違っていれば結局乾燥肌を悪化させてしまうことになりますから、丁寧に行う習慣づけをしましょう。

 

乾燥肌の人は基本的に皮脂が足りていませんから、洗顔は基本夜にメイクを落とすだけにしてください。

 

どうしても朝洗いたいという場合は、ぬるま湯で軽く洗う程度にし、保湿は欠かさず行ってください。